「私にもできると信じる気持ちが湧いてきます。

実践しやすいわかりやすい説明で安心できて、

合格が遠い目標ではないと思えてヤル気が出ました!」

(H.Oさん:行政書士試験)

 

高速学習サポートプログラム

パステスト・プログラム

資格試験受験生の試験勉強を
メンタル・テクニック両面から完全バックアップ!

 

 

 

田中はちょうど3杯目のビールを飲んでいるところだった。

その日は同じゼミに通っているメンバーが集まって、

一か月前に見事最終合格を果たした田中を居酒屋で祝っていた。

 

合格率が4%の狭き門をクリアした田中に対する賞賛の声と羨望の眼差しはやむことがなかった。

だけど、その一方で僕は、その場で、あることをみんなに伝えなければならなかった。

ひとしきり、田中の最終合格の話題で盛り上がったところで、僕は話し始めた。

 

「こんな時だけど、、、実は俺、今日でゼミを辞めるんだよ」

 

田中は自分にこう聞いてきた。

「何で辞めるんだ?他のゼミに移るのか?」

 

僕はこう答えた。

「いや、他のゼミにはいかない。これからは自分の力で試験勉強をするんだ。

この試験は自力で最終合格する。」

 

僕が答えた後、会場のざわめきが消えた。

一瞬、場の空気が静まり返って時間が止まったかのようだった。

 

その直後、今度は集まっていたみんなの嘲笑とため息が起きて、

会場の雰囲気がそれまでとは違う重い空気になった。

 

「あいつ、なに考えてるんだ?」

「頭は大丈夫か??」というバカにした声も聞こえ、

同時に小さな声でヒソヒソと、軽蔑したような目で僕の方を見ながら話す人も出てきた。

 

「あいつもこれで終わったな。」

「バカなやつだ。このゼミで勉強しないで最終合格できると思ってるのか?」

「これから先、何年も受験生活を送って、しまいには受験を諦めるのがオチだぜ」

彼らは僕が絶対に受験に失敗し続けて、受験を諦めるだろうと思っていた。。。

 

「こいつは独学で最終合格できるほど成績よかったっけ?」と、

落合が田中に聞いているのが聞こえた。

 

田中は、みんなに聞える大きな声で言い放った。

「こう言っちゃなんだけど、あいつが独学で試験に最終合格するなんてあり得ない。」

 

続けて、

「あいつはゼミでも後ろの方でポツンと何も発言しないで座っているだけだったんだ。

それにいつもゼミのテストの成績は俺の方が良かったんだ。

第一、俺みたいにゼミが始まる前や終わった後も参考書を読んで復習したり、

問題演習をしているあいつの姿を見たことがない。

いつだって、俺よりも後にゼミに来て、講師に質問もせずにゼミが終わるとさっさと先に帰ってる。

 

まぁ、でもある意味勇敢なヤツじゃないか。

温かい目で見送ってやろうぜ。負けるのが分かっていながら戦いを挑むんだからな。

 

 

どうせ励ましてはくれないだろうと思っていた。

ここで何を言ってもムダだと思った。

 

僕は財布を取り出し、テーブルの上に一万円札をそっと置いて席を立った。

席を立って会場をあとにしようとする僕の背後からはこんなことを言うヤツがいた。

 

「おいおい、これは何の真似だ?」

 

田中が「かっこいいじゃないか!好きにさせてやれよ」と言うと、

会場のみんなが田中の言葉に同調して、みんなが笑いの渦に巻き込まれていった。

 

 

そして半年後、、、

 

本試験まで残り半年。

全国で展開している日本トップクラスの予備校での模擬試験が始まった。

全部で12回のコースで、成績優秀者は毎回「優秀者リスト」に載ることになっていた。

僕の成績はこの6ヶ月で飛躍的に上がった。

参考書の内容だけでなくて、

過去問の傾向や解き方も一通りこの6ヶ月で頭に詰め込めたからだった。

 

全部で12回。

僕の名前が成績優秀者のリストに載ったのは12回。

そう、全部の回で成績優秀者リストに載っていた。

 

そして最後に配られた全12回の総合成績優秀者のリスト。

僕は2位に圧倒的な点差をつけてトップの成績を残した。

 

本試験当日

 

試験官の「はじめ」の合図と同時に問題用紙をめくり、問題文を読み始めた。

問題文を読んで答えを書いている間は周囲の受験生の存在は忘れていた。

時間も場所も忘れ、ただ問題文を読み、そして答えを導き出すことに没頭した。

 

問題文から引き出される自分の中の知識をまるでパズルをするかのようにあてはめて答えを導き出すのは、この上なく素晴らしい、今までにない快感だった。

僕の本試験は会心の出来だった。

 

心を静かにして待った合格発表の日

僕の受験番号は「合格者一覧」に載っていた。

 

あとから気づいたのは、僕の横で見ていたのは、かつてのゼミ仲間の男で、あのとき僕のことを下げずんだ目で見ていた中の一人だった。

 

会場で話しかけられて僕が合格したことを話すと、その男は驚いた表情をしたすぐあとに悔しそうな表情を浮かべた。彼は不合格だったのだ。

 

 

驚くべきことは、あのとき以来まったく連絡をしてこなかった田中や、あのときのメンバーから、次々と電話がかかってくるようになったことだ。みんなあのときとは打って変わって態度が違い、まるで数十年来の親友であるかのように僕に会いたがった。そして僕に話しかけたくてしかたない様子だった。そして、「どうしても」という彼らの頼みを断りきれずに、僕はまたあのゼミのメンバーが集まった居酒屋に顔を出した。

 

完全なる勝利

部屋に入った瞬間、僕はみんなからの質問攻めにあった。誰もが僕の最終合格を羨んでいるようで、どうやってゼミにも行かずに最終合格をしたのか、その秘密を知ろうとやっきになっているようだった。合格発表のときにあったあの男も親しげに話してきたが、あのとき僕のことを下げずんだ目で見ながら笑っていたのを忘れたのだろうか。しかし、気分は悪くなかった。

 

「なんでゼミにも行かずに最終合格できる力があるって今まで教えてくれなかったんだよ?」

「どんな勉強をしてきたんだ?僕にも教えてくれよ」、

「最終合格した秘訣は何だったんだ?誰か有名な講師の指導をうけたのかい?」

 

 

「僕はそんなに力があるわけじゃないよ。それに有名な講師の指導も受けてない。」

 

 

「冗談だろう?」と、あの飲み会の主役だった田中が言った。

「お前はひそかに俺たちのゼミとは別のゼミやスクールに通っていたんじゃないか?どうだ?」

 

「僕はそんなところには通ってないよ。このゼミの進み具合に着いていくだけで精いっぱいだったのは君も知っているだろう?」と僕は言い返した。

 

「でも、、、」

「たった一つ、ある習慣を続けてきて、その習慣を勉強に使い続けてきたのは確かだよ。」と言って、すべてを話した。

どうやって短期間で試験に最終合格できるまでの

学力を身につけたのか?

「速読って聞いたことあるかい?」と聞いた。出席しているみんながうなずいて、「あの本を速く読む方法だろ?」と言った。僕は「そうだよ」と答えて、「僕はその速読のスキルを使って、参考書を何度も読んだり問題演習をしただけだよ。それも一日15時間も勉強しなくていい。一日たったの3時間さ。」

 

「一日3時間で速読?毎日朝から晩まで勉強しまくって、やっと合格したのかと思ったよ。」と誰かが驚いたように言った。

 

 

「僕も、最初は一日15時間も20時間も、寝る間を惜しんで勉強した方がいいと思ってた。でもね、あることに気が付いたんだ。時間ばかりいくらやっても頭に残ってなかったらその時間はムダだなって。それなら、短時間でしっかり覚えられる方法をマスターして、集中して一気に覚えた方がいいんじゃないかって。そうすると、ただ漠然と覚えたのと違って知識に深みが出てきてたんだよ。そしてどんな問題にも対応できる力がみについた。速読以外になにか特別なことをしなくても自動的にね。」

 

「その速読ってなんだい?」と田中が聞いてきた。

 

その速読とは、、、

 

 

 

はじめまして

ひらがな速読法認定講師

中嶋佳則です

 

はじめまして、ひらがな速読法認定講師の

中嶋佳則と申します。

 

あなたは、「ひらがな速読法」という方法を

はじめて知ったかもしれません。

 

それもそのはず、ひらがな速読法は、

開発者の吉岡節夫氏が書籍を出版しているものの、

これまでインターネット上では公開せずにきた、

知る人ぞ知る速読法なのです。

私はひらがな速読法の認定講師を務めています。

 

私は、昭和50年11月7日生まれの42才、

ある国家資格の試験勉強をしていたことがきっかけで、

吉岡氏と知り合い、ひらがな速読法をマスターしました。

 

秘密保持の関係で固有名詞を出すことができませんが、

吉岡氏とともにひらがな速読法を教えながら、

受講生に勉強や記憶することの楽しさをお伝えしています。

 

本来、勉強は楽しいことなのです。

ですが、「試験」というプレッシャーがかかると、

とたんに楽しくなくなるのも勉強なのです。

 

また、少し前に比べてトーンダウンしているとはいえ、

今もなにかしらの資格を取って将来に希望を持つ人は

まだまだたくさんいます。

 

あなたも含め、そういう希望に満ちた人たちをサポートしたい、

そのためには、吉岡氏と私が手掛けているひらがな速読法を

試験勉強に特化させた一つのプログラムとして

作り上げようということになりました。

 

いま試験勉強で頭を悩ませている方、

高校入試や大学入試の勉強をするお子さんをお持ちの親御さん、

これから試験勉強をはじめる初学者の方に、

「試験勉強も、試験に合格するのも簡単なんだ」

ということを知ってもらうために、

 

以前から私が実践している

初心者でもストレスなく効率的に実践でき

楽しみながら進められる試験勉強のしかた

を初公開したいと考えています。

 

詳しくはこれからお伝えしていくので、

この先もワクワクしながら読み進めてください。

 

私が吉岡氏から伝授されたノウハウやスキル、

実際に試験勉強で培った経験、

失敗をしながら方法を研究してきた知識や知恵。

 

試験勉強に悩んでいるあなたも

簡単に実践できて、

しかも即効性の期待できる

 

そんな究極的とも言える

勉強の方法を初公開します。

 

まずは安心してください。

今すぐに普段の10倍早く覚えてくれだとか、

そんな無茶なことを言う気はありません。

 

老若男女、簡単に実践できて、

しっかりとあなたの頭に情報を記憶できる方法を

お教えします。

 

これは私史上初の、記念すべきオンラインプログラムです。

ですから、責任を持って、あなたの勉強からストレスを減らし、

今よりも数倍早く勉強を進められる状態にしてみせます。

 

まず、最初に

あなたにお聞きしたいことがあります

 

あなたは今の生活の中で、

勉強時間のほかに5分間という時間を

作れるでしょうか?

 

 

もし、毎日5分間の時間を作るのが難しいなら、

残念ながらパステスト・プログラムの実践はできません。

そっとこのページを閉じてください。

 

というのも、私があなたにお伝えする

このパステスト・プログラムは、

初心者でも経験者でも、どうしても勉強時間のほかに

1日5分間という時間の確保が必要になるのです。

 

確保してほしいのは、あなたが朝起きてから

勉強をスタートするまでの間のどこか5分間です。

通勤電車の中でもいいですし、食事をしながらでも大丈夫です。

会社の中で仕事の合間にできるスキマ時間でも構いません。

 

パステスト・プログラムをマスターするためには、

どうしてもこの5分間の時間の確保が必要です。

 

私も毎日、

朝、起きてから出勤する前に自宅で過ごす時間、

朝の通勤電車を待つ駅のホームでの時間、

通勤電車の中で過ごす時間、

会社に着いて着替える時間、

そういう時間の中から5分間を作り出しています。

 

このご5分間で何をしているのかというと、

その日に勉強をする前の準備。

 

具体的には

1.眼の運動

2.乱数を使ったインプット・アウトプット

をします。

 

この2つの準備をするのとしないのとでは、

あなたが勉強をするときの差が歴然と出てきます。

 

すべては

あなたができるだけ手間をかけず

ストレスレスフリーな状態で勉強する方法

を完成させるためです。

 

速読法や勉強法をマスターする大きな魅力のひとつ。

それは、ただ単にたくさんの時間をかけて勉強する

今までの勉強法と違い、やり方さえ知っていれば、

効率よく勉強を進められることです。

 

 

しかし、多くの人は、

「速読法をマスターするための速読法」

を勉強したり、

「学習法をマスターするための速読法」

を勉強するといった、

本末転倒な状態で勉強を続けています。

 

しかも、それが原因で挫折し、

今までつぎこんだ大切なお金や時間を無駄にしてしまう。

そんな不条理なことが続いているのです。

 

のちにお伝えしようと思いますが、

速読法や勉強法というのは、

小難しく、ステップを複雑にすればするほど、

ステップをこなすために感じるストレスも増えるし、

受講者が挫折して失敗する確率が大きく増えます。

 

挫折せず、効率よく勉強を進めるのなら、

やるべきことは、単純なほうがいいのです。

 

ちなみに、

準備に必要な5分間というと、、、

「トイレにこもっている時間」

「スマホでインターネットを見ている時間」

「メールを確認する時間」

などなど、

文字どおりの「スキマ時間」だと思いませんか?

 

本気で試験勉強を進めたい人であれば、

本気で試験に合格したい人であれば、

5分の投資がその後の勉強に大きく影響するのなら

毎日の5分は全く惜しくないはずです。

 

あなたに、

もっとシンプルに、

ストレスを感じないで堅実に、

試験勉強を進めて試験に合格するための方法

 

をお伝えするには、1日5分は確保して、

私がやっている通り、そのまま真似して、

実際に勉強を進めてみてほしいのです。

 

少し正確に言うと、毎日必要な5分というのは

パステスト・プログラムのステップへの慣れもありますし、

ちょっとした工夫も必要です。

 

どんな工夫かといえば、屋内ではなくて外でする場合、

 

「小さなノートとペンを用意しておく」

「2つのステップをする意識を頭の片隅においておく」

「スマホを見るのを5分だけ減らして準備する」

 

といったものです。

 

やり方はこれからお伝えするので問題ありませんが、

いまの時点で

「やっぱり、毎日5分間を作るのは絶対に無理」という方は、

残念ながらパステスト・プログラムを実践しても

私があなたにお伝えする効果を保障することができません。

 

あなたのライフスタイルを邪魔するつもりはありませんので、

申し訳ありませんがこのままサイトを閉じてくださいませ。

 

しかし、もし1日5分くらいであれば

勉強をする前に時間を作れるというあなたは、

パステスト・プログラムを実践することは、

あなたの今日から先の未来を変える、

衝撃的なものになるでしょう。

 

なぜかというと、

これまでのあなたと、これからのあなたとでは、

正しい速読のしかたや勉強のしかたを

知っているかどうか

という点が違うからです。

 

なぜ、私がいま準備の時間についてこんなに

力説しているのかというと、

ちゃんとした理由があります。

 

正しい速読のしかたや勉強のしかたを

知っているのにできない人、

一生懸命に勉強をしているのにできない人、

そういう人たちに共通していることがあるのです。

 

それは、

勉強をする前に準備をしないか、

準備を軽視している、

ということなのです。

 

 

きっと、あなたもなんとなく

気づいていますよね。

 

成功と失敗をわける原因は、

いつでもシンプルです。

そして、ちょっとした工夫を加えると、

加速して動き出すものなのです。

 

どんな場面でも勝敗を決めるのは、

目標達成のために必要な情報を

知っているかどうか。

 

そして、

その情報をきちんと実践できるかどうか。

 

これだけです。

知っているか。それとも知らないのか。

 

いまあなたには小さな差と思えるかもしれません。

ですが、この差があなたの人生を最終的に

逆転させるほどの大きな差となるのです。

 

パステスト・プログラムの内容に関して言うと、

このプログラムのベースになっている「ひらがな速読法」は、

吉岡節夫氏により開発されています。

 

吉岡節夫氏は、これまで30年以上にわたり、

音を使って脳の力を鍛える方法や右脳教育について研究し、

研究成果は日本応用心理学会で発表するなど、

これまでも精力的に研究をしてきた人物です。

 

吉岡氏は、幼児教育で有名な

七田チャイルドアカデミーで高速学習の研究をし、    

今も七田チャイルドアカデミーの教材を開発し続けている、

まさに高速学習の第一人者です。

 

また、ご自身が提唱しているひらがな速読法の本も

多数書かれています。

つまり、速読法や勉強法を提唱している

他の方たちとは、

情報量、経験値、場数が圧倒的に違うのです。

 

これまで、吉岡氏がほとんど表に

出てこなかったのには理由があります。

一つは、吉岡氏がご自身の研究成果を学会以外の場で

大々的に知らせることよりも、

少数精鋭のグループに教えることが大切と

考えていたからです。

 

ですが、私は吉岡氏の講義を受講して思いました。

「これだけのスキルやノウハウが世の中に

広がっていったら、受験勉強に悩んでいる人たちが

どれだけ救われるだろうか」と。

 

それは、私自身も受験勉強で悩んでいたから、

他人事ではなく自分事のように感じて

身を持って感じたことです。

 

 

そういう思いから、私も吉岡氏から直接指導を受け、

日本で4人しかいない「ひらがな速読法認定講師」の

認定を受けました。

 

このパステスト・プログラムは、

そういった吉岡氏が持つ知識や経験、

私が実践して身に付けたノウハウ、

この2つを組み合わせて、

試験勉強で悩んでいる人たちを救うために

作られたプログラムです。

 

先ほど、

知っているか知らないか、

知っている情報をきちんと実践できるかどうか、

ということが、

あなたが試験で成功するか失敗するかが決まると

お伝えしました。

 

あなたこの手紙を受け取った時点で、

試験に合格するための速読法や勉強を

知っている側。

試験に合格するのに必要な情報を

ストレスフリーな状態で身につけられる側。

にまわれることが約束されました。

 

多くの受験生が自分の勉強法に自信を持てず、

そのために夢をあきらめてきた現状を考えると、

あなたは本当に幸運だと思います。

 

私も、吉岡氏のもとで指導を受け、

いまのスタイルにたどり着くまで、

数多くの勉強をしてきましたし、

それまでにほかの速読法や勉強法も学んで

研究を重ねてきました。

 

指導を受けてきただけでは対処できないことも

当然ありましたし、苦労もしてきました。

とにかく実践してきました。

 

あなたは、私が苦労してきたステップを

すべてショートカットして実践できます。

なぜなら、あなたには私がついているからです。

もっというと、私だけではありません。

吉岡氏もあなたについているのです。

 

だからこそ、あなたは幸運だと思うのです。

 

吉岡氏は、これまでも速読法の書籍を何冊も出版してきました。

ですが、吉岡氏から監修を受けられることは滅多にありません。

 

このパステスト・プログラムは、

私が初めて世の中に出す方法でもありますし、

吉岡氏も監修をしてくれています。

 

プログラムの内容だけでなく、サポート環境もしっかりと整えて、

あなたにパステスト・プログラムを使った

試験勉強のしかたをあなたに完全伝授します。

 

リアルな実践経験やノウハウを元にしているので、

机上の空論ではありません。

即実践で使えるものです。

 

私がパステスト・プログラムにまとめた

スタイルにたどり着くまでに大切にしたのは、

 

簡単なステップにすること。

シンプルな内容にすること。

確実に勉強に役立てられること。

 

この3点です。

 

結局のところ、効率よく勉強を進めていくには、

この3つをしっかりさせるのが一番大切なのです。

 

ですが、いくら私が簡単に実践できると言っても、

やはり自分に実践できるか不安になるかもしれませんね。

でも、まずは安心してください。

 

勉強というものは、本来はあなたにとっても

簡単なもので、シンプルな考えで行えるものなのです。

 

少し考えていただければわかります。

 

勉強というのは、

ひとつひとつの積み重ね

極論すると、これ以上でもこれ以下でもありません。

 

すでに、あなたもわかっているはずです。

難しく考えすぎないでください。

 

ですが、

それができないから困っている!

それができれば苦労しない!

と思ったかもしれません。

 

こういう場合は、

あなたが速読法をマスターする本来の目的を

見間違えている

もしくは

あなたが勉強する目的、焦点がぼけてしまっている

のどちらかです。

 

あなたも経験があるかもしれませんし、

ご存知かもしれません。

 

ほとんどの速読法や勉強法は、

とにかくスピードが命

理解よりも先にスピードを狙う

という方向にばかり目線が行っています。

 

ですから、

勉強をはじめていきなり10倍や20倍のスピードで

本を読んだり、勉強を進められる。

というようなことが言われるのです。

 

私は思います。

吉岡氏は、私が思うよりもずっと前から

思っていたそうです。

 

・なんでそんなに読むスピードばかりを重視するのか。

・なぜ理解できないまま読み進めるような方法を

 速読法と呼んだり、勉強法と呼べるのだろうか。

 

試験勉強で効率的に勉強を進めるために必要なのは、

 

理解するスピードを上げていくこと

 

という考え方です。

 

理解しているかどうかわからないけど、

とにかく早く読んでいくというスタイルは、

試験勉強をしているあなたにとっては、

ただの丁半博打でしかありません。

 

あなたがこれから私と一緒に

取り組むか取り組まないかに関わらず、

プロからの助言と思って、

1つだけ覚えておいてください。

 

あなたが試験に合格するために必要なのは、

意味もわからないまま早く読むスキルではありません。

理解するスピードをあげていくスキルです。

 

なので、あなたも本当に試験に合格したいのであれば、

ギャンブル思考を捨てて、着実に理解するスピードを上げることの

重要性をここで覚えておいてほしいのです。

 

 

あなたが今まで、速読法や勉強法を試験勉強に

取り込んできたことがあるのなら、

そして挫折した経験があるのなら、

パステスト・プログラムの内容を1回、

できれば3日試してもらえれば、

あまりに簡単にストレスなく勉強が進むので、

これまでの苦労はなんだったんだと、

笑えてくると思います。

 

小難しい理論なんていりません。

速読法をマスターするための速読法や勉強法もいりません。

 

あなたとはせっかくご縁をいただけました。

なので、あなたには、

理解せずにスピードを追い求めるのではなく、

理解するスピードを上げるスキルを身につける。

 

このマインドセットを大切にしてほしいと思います。

 

ここまで、いままでの速読法や勉強法のことを

あなたにお伝えしてきました。

 

私がパステスト・プログラムを通じて

あなたに教えることはたくさんあります。

しかし、あなたにこれから指導するうえで、

注意しておいてほしいことがあります。

 

それは、

パステスト・プログラムは

理解するスピードを上げることを重視する分

デメリットもあります…

ということです。

 

パステスト・プログラムは、

私にとっては完璧と思えるものですが、

すべての人にとっても完璧かというと疑問があります。

 

食べ物に好き嫌いがあるのと同じです。

 

なので、メリットとデメリットを見比べて、

パステスト・プログラムがあなたに合っているかどうか、

判断してください。

 

パステスト・プログラムのメリットは

すでにお話ししたとおり、

 

メリットその1

1日5分の準備で

勉強の効率を飛躍的にアップできる

 

メリットその2

試験勉強のストレスを激減できる。

 

メリットその3

試験勉強が楽しいと感じられて、

あなたの勉強をプラスのスパイラルに

持ち込むことができる。

 

メリットその4

勉強を進める自分に自信がつき、

試験の合格を十分狙える

学力が身につく。

 

といったものです。

 

リスクやストレスを最大に減らし、

プラスのスパイラスに持ち込んで

自分の力を最大限に発揮しようと考えている私にとっては、

これ以上ないプログラムです。

 

それでは、次にデメリットをお話しますね。

デメリットは主に2つです

1つめのデメリットは、

いきなり10倍速や20倍速といった読み方をしないので、

あまり面白みがないということ。

 

少し上でも話をしましたが、

私はパステスト・プログラムの内容が

試験勉強をするのに一番効率のよい方法と思っています。

なので、無駄な作業やハイリスクな作業はしていません。

 

心労になってストレスになるからです。

「本当に覚えられてるのかな・・・」とストレスを溜めながら

勉強をするなんて、お世辞にもいい勉強方法とは言えません。

 

私としては、そん勉強方法は本来の勉強とは思いませんし、

ただの丁半バクチ、競馬や競輪よりもたちの悪い

ギャンブルとしか思えません。

 

しかも、あなたが受けるのは試験です。

大事な試験をバクチやギャンブルの場とできるのは、

狂気の沙汰としか思えません。

 

だからこそ、堅実な方法で着実にこなせる方法が

採用されるべきですし、そういう方法には

ドキドキするようなキャッチーな面白みはないと思うのです。

 

私はそれでいいと思っていますし、

やはり本来の勉強はそういうところに

面白さを求めるものではないと思っています。

 

勉強の本来の面白さは、もっと別のところにあるのです。

 

ですから、あなたが求めているのが

現実的で堅実な勉強の方法ではなく、

キャッチーでドキドキするような面白みを望んでいるのなら、

パステスト・プログラムは向かないと思います。

 

2つめのデメリットは

最初のうち、慣れるまでは眼が疲れること。

 

パステスト・プログラムは、眼を鍛えながら

文字や言葉を見る力を養っていきます。

 

そのため、まだ目が鍛えられていない最初の頃は、

準備や勉強をしているときに目が疲れやすくなります。

 

ですが、あなたが部活動をしていたときのことを

思い出してほしいのですが、トレーニングは回数を重ねると

どんどん上手になっていくものです。

 

パステスト・プログラムの内容も同じで、

あなたが回数を重ねていくにつれてどんどん上手になっていきます。

 

あなたの眼も、最初はいままで使ったことのない筋肉を使うので

疲れることがあります。ですが、そこを乗り越えて3日間も続けると、

だんだんと眼も疲れなくなります。

 

最初からすべてをうまくできる人はいません。

「完璧主義」ではなく「改善主義」で取り組んでいってください。

 

 

パステスト・プログラムであなたに教えることを

当たり前にやって、堅実にインプットをし続けること。

勉強して結果を出せるのは、例外なくこのタイプです。

 

 

以上、概要をここまでお話してきましたが、

ここからは、

具体的にどのようにして

試験勉強を進めていけばいいのか?

をお伝えしていきますね。

 

最初にもお伝えしましたが、今回

私があなたにお教えするのは

もっとシンプルに、

ストレスを感じないで堅実に、

試験勉強を進めて試験に合格するための方法

です。

 

試験勉強というのは、基本的に一日で終わるものではありません。

ですから、少しずつでもコツコツやっていくことは大切です。

 

ですが、パステスト・プログラムでは、

毎日コツコツやっていく勉強のストレスを

圧倒的に減らしてくれます。

 

そして、ストレスや不安、絶望を

次の日に持ち越すことがないので、

精神衛生的にもいいのです。

 

パステスト・プログラムを実践すると、

準備を実践するだけでも普段よりも読むスピードが早くなります。

しかも、理解力はそのままで、です。

 

そして、毎日繰り返していくと、一週間くらいで、

だいたい1.5倍から2倍までの早さで読めるようになります。

もちろん、理解力は同じままで、です。

 

このようにして、毎日コツコツとパステスト・プログラムを

続けていくと、あなたが文章を理解する力がグングン向上します。

そして、あなたはその理解力の向上を実感できます。

 

イメージとしては、

あなたの頭の中に、本の内容がグングン吸い込まれているような、

そんなイメージです。そのイメージを実感してもらいます。

 

ここまでくると、もうあなたはプラスのスパイラルの中にいます。

勉強が面白くなって、楽しくなっている頃です。

試験勉強をして教科書の内容を覚えるのが楽しくて

仕方ない状態になっているでしょう。

 

一番よいのは、スタートダッシュをきることです。

実践する回数が増えれば増えるほど、

初心者の段階はさっさと抜けられます。

 

そして、パステスト・プログラムを実践して

試験勉強をすれば、予定のところまでを

いままでよりはるかにスムーズに覚えられるから、

夜は安心してぐっすり寝ることができるのです。

 

詳しい内容はプログラムの中で説明しますが、

あなたはパステスト・プログラムの内容をそのまま

実践しさえすればよいのです。

それだけでOKです。

難しいことは何もありません。

 

それでは、実際にあなたにやっていただくことを

もう少し詳しく説明しておきますね。

わずか3つのステップで完了です

では、あなたが毎日どのようなことをすればいいのか

分かりやすくまとめてみましたのでご確認ください。

 

あなたがやるべきことは、

たった3つのステップに集約されます。

 

あなたがやるべきことは3つのステップだけ

1つめのステップ

5分の時間を使って勉強スタート前の準備

(勉強をスタートする前:作業時間は慣れたら5分)

 

2つめのステップ

教科書の内容を読み進めて情報のインプット

(のちほど詳しく説明する「チャンク読み」と

「ひらがな読み」を使って、教科書を読んでいきます。

初心者:普段の1.5倍 慣れにより2倍から3倍以上)

 

3つめのステップ

インプットした情報の確認

(読んだ内容をどれだけ思い出せるかチェック

初心者:読んだ内容の10%程度 慣れにより50%以上)

 

以上です。

このたった3ステップです。

 

もっと正確に説明すると、

ステップ1は毎日1回以上すればいいです。

(やり過ぎはよくありませんから、1日2回程度にしてください)

 

そして、あなたが試験勉強をするときは、

2つめのステップと3つめのステップを

繰り返ししていくことになります。

 

ですが、基本的には、

たった3つのステップしかありません。

 

私もしっかりサポートしていくので、

きちんと実践していただけます。

 

断言させていただきますが、

 

これ以上は、どう頑張っても

シンプルにしようがありません。

 

勉強をスタートする前に準備をする。

教科書の内容をインプットする。

インプットした内容の確認をする。

 

そんな明確な流れが、あなたにも

ご理解いただけると思います。

 

あなたもパステスト・プログラムの内容を

知ってしまえば、

ストレスフリーな状態で勉強を進められ、

試験に合格する学力を手にする

ことが現実的に可能なのです。

 

あなたが速読法や勉強法をマスターするのは

試験に合格するためです。

そして、試験に合格したあとの人生の望みをかなえるためです。

 

であれば、まずはとにかく試験に合格する必要がありますよね?

 

今回あなたにお伝えするパステスト・プログラムは、

あなたの人生の貴重な時間をムダにすることなく、

最速で試験の合格をあなたの手中におさめる

最高の手段になるはずです。

 

これから約1週間、まずはプログラムに書いてある通りに

実践してさえくれれば、あなたもいままでの勉強法とは

まったく違うことに気づいてくれるはずです。

 

そして、いままでよりもはるかに記憶しやすいことに

感動していただけると思います。

 

そして今日から1ヶ月後、あなたはしみじみと

勉強することというのは

こんなに簡単だったのか

 

そう思うはずです。

 

私があなたにお伝えしてきたことが、

嘘偽りのない真実だったということを身をもって体験し、

理解することができていると思います。

 

達成してしまえば、なんてことはない。

成功すると言うのは、そういうことなのです。

 

とはいえ、私がいくらストレスフリーで勉強ができますよとお伝えしても、

きちんとした理由がなければ、信用することも、

試験の合格を確信することもできないと思います。

 

ですので、

私に任せてもらえれば

なぜ大丈夫だといえるのか

その理由を、スタートする前に

わかりやすくご説明します。

 

しっかりとご説明して理解してもらった上で

パステスト・プログラムを実践していただいた方が、

試験勉強にも専念できて結果的に時間も短縮できますし、

試験の合格までよりスムーズに進むはずです。

 

それに、私はあなたに嘘をつきたくありません。

 

あとで話が違うとも言われたくないので、

ここではっきりと明言しておきたいのです。

 

あなたも忙しい中、貴重な時間をさいて

この手紙を読むことに投資してくれたわけです。

ですから、私もあなたに投資してくれた以上の

リターンを提供すべきですよね。

 

私は、あなたの利益にならない

無駄話をするつもりは毛頭ありません。

 

改めて宣言しますが、

私の今回のミッションは

あなたに成功してもらうこと

です。

 

あなたのいまの学力がどうであれ、

あなたがいままで不合格し続けてきたのであれ、

あなたがどんな状況に置かれているのであれ、

私はあなたに合格してもらうのが使命です。

 

それがなぜ実現可能なのか、

その理由と根拠をお伝えします。

 

この理由を読んだだけで、あなたも試験の合格を確信し、

勇気と力が満ち溢れ、ワクワクした希望を抱くことができるはずです。

 

あなたが試験に合格する学力を手にする

4つの理由

理由1

パステスト・プログラムで私が極めて実践的な勉強のしかたを伝授するから

すでにお伝えしましたとおり、今回パステスト・プログラムを通じて私があなたに

お伝えするのは、吉岡氏が30年以上にわたる研究の末に開発した

ひらがな速読法を試験勉強に特化させた方法です。

これまで、何をやっても勉強がうまくいかなかったという方はもちろん、

勉強の手間をもっと減らしたいという方にもパステスト・プログラムは

自信をもってお勧めできます。

 

理由2

やるべきことがシンプルだから

パステスト・プログラムは、どう頑張ってもこれ以上はシンプルにできない

というところまで追いこんでシンプルな形にしました。

複雑な作業が入ってしまうと、そこで分からないことが発生する危険もありますし、

それが原因で勉強が進まないおそれに繋がってしまいます。

それにくらべて、パステスト・プログラムは、3つのステップを進めていけば

試験勉強がスムーズに進められます。流行りのツールも難しい知識も

必要ありません。

あなたには、シンプルな方法で勉強に専念してもらいたいと考えています。

 

理由3

1日5分の投資で勉強のスピードを大幅アップできるから

パステスト・プログラムは、ステップがシンプルなことに加えて、

準備をすることで勉強のスピードを大幅アップできるという特徴を持っています。

例えば、なんの準備もせずただやみくもに勉強を始めたり、

勉強のスピードばかりを意識しすぎて理解が全然追いつかないという

今までの方法では挫折してしまうおそれがあります。

しかし、パステスト・プログラムは、試験勉強の対策として、

試験に合格するための学力を身につけることに特化させています。

ですから理解力とスピードとが両立しているのです。

 

理由4

困ったこと、分からないことはいつでも聞くことができるから

プログラムを確認してみて、できないこと、

分からないことがあれば、私を頼ってきてください。

 

重要なものや問い合わせが多いものは、

まとめて解説する形をとりますから、

他の人の悩みも一緒に共有して解決できます。

 

講師として責任をもってお伝えしますので、

不安なことや心配なことは安心して私に伝えてください。

 

私があなたにお伝えするのは、これから先、

あなたが望む未来を勝ち取って

希望に満ちた人生を歩むための手段です。

 

あなたには、もうこれ以上無駄な作業はしてほしくないですし、

試験そのものをあきらめてほしくありません。

本気でそう思っています。

 

特典があります

 

 

特典1:特別会員サイトへの招待(期間:6ヶ月)

後日、特別会員サイトを開設します。

特別会員サイトでは、マニュアルの確認や復習、よくある質問の確認などを提供し、

基本的には、この会員サイトですべてを解決できるように

したいと考えています。

 

 

また、特別会員サイトには質問フォームを作ります。

あなたがもしパステスト・プログラムを実践して

なにか不安や心配なことがあったら、

質問フォームからどんどん不安や心配、疑問を

私にぶつけてください。

できるだけ早く、お答えします。

 

あなたには、なんの不安もなく、

安心して試験勉強に取り組んでもらいたい。

そのために必要な環境を整備しますので、

特別会員サイトができたら徹底的に使い倒してほしいと思います。

 

さらに、あなたがさらに迷わず試験勉強に取り組めるよう、

会員専用のサポート体制もご用意しています。

 

特典2:メールサでのポート(期間:1年 回数無制限)

 

今回参加するメンバーの中には、

実践するのが不安な方もいると思います。

 

試験勉強は基本的に孤独な作業です。

よく途中で挫折するケースとして、

セミナーや講習会へ行ったときは

モチベーションも高いから実践できるけど、

時間が経って1人で実践するのは

モチベーションを維持するのがむずかしい

ということがあります。

 

孤独な作業はやっぱり大変です。

せっかくあなたにも実践してもらうのですから、

こんな理由で挫折してほしくはありませんし、

過去の私のようになってもらいたくもありません。

 

なので、私も全力でバックアップしていきます。

あなたがパステスト・プログラムを申し込まれた日から

1年間、定期的にメールを配信してサポートも行います。

 

もし不安なことや心配が出てきたら、

配信しているメールに返信してくれても構いません。

もちろん、特別会員サイトの質問フォームからでも構いません。

 

とにかく、どんなに小さなことでも、

不安や心配、疑問はどんどん解消していきましょう。

それがあなたの成功につながります。

 

特典3:講義の音声プログラム

今まで参加してくださったメンバーの中には、

「毎日の生活が忙しくて、なかなか机に向かえない」

という人もかなりの数がいました。

 

そういった方たちから、

「音声プログラムを作れないか」という要望をたくさんいただいています。

 

その要望にも全力で応えたいと考えて、

今回は各セッションの音声ファイルも特典としてお付けします。

 

音声ファイルはMP3形式ですので、

スマホやボイスレコーダーに入れておけば、

通勤の時や休憩時間といった隙間時間を活用して

パステスト・プログラムの内容をインプットできます。

 

音声プログラムなので、

あなたはパステスト・プログラムの内容を

耳からインストールすることになります。

 

先ほども申し上げた通り、

耳から脳へ伝達されるのが文字を見るのよりも

いい刺激になって記憶しやすいです。

 

あなたも音声プログラムを通じて、

記憶しやすい状態と記憶した実感を感じることができるでしょう。

(※音声プログラムは、決済完了後のPDFに記載されているURLからダウンロードできます。)

 

特典4:全額返金保証

まずは3週間やり続けてみてください。

必ずと言っていいくらいにあなたの学力は向上するはずです。

ですが、パステスト・プログラムも100%の人に向くとは限りません。

残念ですが、いままでどうやって頑張ってもダメだったという方も数名おられました。

 

私も、頑張っても頑張っても学力が上がらなかったという方から

プログラムのお金を頂くことはできません。

ですから、まずは3ヶ月やりつづけてください。

もし3ヶ月経っても学力が上がらなかったという場合は、

それまで頑張って来られた3ヶ月分のエクササイズを確認させて頂いたうえで、

全額返金いたします。

 

特典4:パステスト・プログラムレポート(マインド編)をプレゼント

パステスト・プログラムを実践してくれれば、

あなたの学力や読書スピードが上がるのは

お話ししました通りです。

 

ですが、「いくら勉強しても合格する気がしない」

という弱気な受験生がいるのもたしかなことなんです。

 

弱気でいると、どんなに試験勉強をしても、

自信がつきません。

それはなぜかというと、

メンタル面の強化ができていないからです。

 

もしあなたがそうだとしたら、

考え方をプラスにシフトするためのエクササイズも含んだ

レポートをプレゼントします。

 

これは、あなたが試験合格を果たす一番のベースになる部分です。

もし「自分は気持ちの面で弱さがあるな」と思ったら、

ぜひレポートを活用してください。

 

(※レポートはいま作成中です。

完成次第、特別会員サイトで提供します。)

 

特典5:有料セミナーに特別枠でご招待します。

私も、いままでひらがな速読法認定講師として

セミナーを開催してきました。

そして、これからもセミナーを開催する予定があります。

 

その際、パステスト・プログラム受講生は、

有料セミナーに特別枠を設けます。

受講生のあなたはこの特別枠に割引料金で参加して頂けます。

 

1年間 回数無制限の

メールサポー

 

 

 

あなたがやることは3つだけです

あなたがやるべきことは、

この3つだけです。

勉強をスタートする前に準備をする。

教科書の内容をインプットする。

インプットした内容の確認をする。

 

そして、聡明なあなたなら気がついているかもしれませんが、

最初にポイントさえ覚えてしまえば、実質的な作業というのは、

全く同じ作業を繰り返すだけなのです。

 

中学生でもできるレベルの形に簡略化され、

洗練されていることが、ご理解いただけると思います。

 

あなたが夢を叶えるためにいま必要なのは、

試験合格

を手に入れることです。

 

あなたも成功する覚悟、試験に合格する覚悟を決めて、

私についてきてください。

 

私も覚悟を決めました

破格にしようと思います

 

ストレスフリーな状態で試験勉強を続け、

試験に合格するための実力をつけて、あなたに試験を合格してもらい、

希望している未来へ羽ばたいてもらう

 

私があなたに提供するのは

そんなプログラムです。

 

今後あなたが試験勉強をするとき、

戸惑ったり恐怖心を持つことのない勉強法と、

業界トップクラスのサポート体制を使って、

最短最速で試験勉強を進められる環境です。

 

きれいごと抜きに100%勉強に専念してもらえる、

これ以上ないくらいのバックアップ体制も用意しました。

 

試験勉強という手段を通して、あなたの未来を

自由で豊かなものに変貌させることができると、

心から確信しています。

 

そもそも、私はパステスト・プログラムの実践開始してすぐ、

試験勉強がどんなに簡単だったのかを

感じてもらえると思っています。

 

あなたの結果に責任を持ちますし、

最大限のバックアップをします。

 

なので、正直な話、

パステスト・プログラムの参加費は、

あまり安売りしたくはありません。

 

一度、パステスト・プログラムの内容を覚えてしまえば、

いまあなたが受けようとしている試験だけでなく、

あなたが今後受けるかもしれないすべての試験に対して

使うことが可能です。

 

 

ですから、仮に高額での参加費でも決して恥じることなく、

正々堂々とチャージできると考えています。

 

なぜなら、これまで私も実践してきている方法ですし、

吉岡氏がこれまで決して表に出してこなかった効果実証済みの

ノウハウの集大成だからです。

 

それに、私自身も初めての教材を出版した記念として、

あなたが試験合格を勝ち取るために、

覚悟を決めて取り組む企画です。

 

覚悟のない人が集まってしまうような、

安売り価格にはできないのです。

 

また、今回は手厚いサポートも用意して、

二人三脚であなたをガッチリ手助けすることになるのです。

提供物も力を入れて作成しています。

 

どう頑張っても失敗できないように、

考えて考えて考え抜きました。

 

どう考えても、これからあなたが手に入れる未来、

これからあなたが手に入れる提供内容を合計すれば、

どんなに高額であっても私からすれば安すぎる金額です。

 

ですが、私も考え直しました。

私は吉岡氏の講義を受け、ひとりでも多くの人たちに

パステスト・プログラムの内容をお伝えしたいと思っています。

 

なので、参加費を考え直すことにしました。

 

試験勉強が思うようにいかず辛い思いをしている人や、

受験費用でいっぱいいっぱいの人がたくさんいることを考えると、

いくら高額の参加費でも価値があるとはいえ、

正論をかざすばかりが能ではないと考えたのです。

 

私が考えに考え抜いて出した参加費は、

おそらく間違っていると思います。

 

あまりに安すぎるからです。

 

その安すぎる金額とは、

29,800円(税込)です。

 

 

この参加費が

人によっては命のともし火だったり

 

生活費であったり、種銭であったり、

養育費であったりすることは理解しています。

 

決して軽いお金ではないということも、

きちんと理解しています。

 

パステスト・プログラムへの

参加費29,800円の投資は

これから頑張ろうとする人にとっては、

すこし覚悟が必要かもしれません。

 

しかし、その覚悟を持った人にしか

成功を手にすることができないのも事実です。

 

環境、方法、参加できる状況は

ご用意できました。

 

あと必要なのは、あなたが

一歩踏み出す勇気だけです。

 

今日から、ストレスフリーな状態で勉強を進め、

夢の実現に向かってスタートダッシュをきる。

 

試験勉強が思うように進まなくて頭を悩ませる。

そんな日々とはサヨナラする。

 

自分の夢と目標を

実現させるために

この瞬間に一歩を踏み出す。

 

そんな気持ちをもってワクワクして

参加してください。

 

あなたからの参加表明を

こころからお待ちしています。

 

お申込みはコチラ

 

【サポートに関して】・メールでのサポート期間:決済日から1年・サポート回数制限:無制限・サポート方法:メールを利用した教材実践サポート(重要な内容は、追加教材として必要に応じてまとめて提供してまいります)・サポート時間:規定なし※個別の試験の具体的な内容に関するサポートは行っておりませんのでご了承くださいませ。・返金について:返金条件:3ヶ月実践して学力が上がらなかった場合・返金可能期間:3ヶ月実践後1ヶ月以内・返金方法:メールにてご連絡ください

【収録時間・セールスタイプ】PDF教材(本編)104ページ、PDF教材(音声ファイルリンク先URL)1ページ

【リスクおよび手数料について】当商品は、著者と同じような結果が出ることを保証するものではありません。また、銀行振り込みの場合の手数料、複数回支払い時のシステム手数料はご負担願います。

【その他】ご注文後、入金が確定しましたら、購入者マイページから商品をダウンロードしてください。

 

 

 

よくある質問

※よくある質問は随時追加してまいります。

 

【質問】勉強法のことは本当の初心者です。大丈夫でしょうか?

はい、もちろん大丈夫です。パステスト・プログラムのマニュアルでは基礎の基礎からあなたにお伝えしています。最初から順にご確認くだされば、極めてシンプルな方法だということが分かります。そういうシンプルな方法であるからこそ、初心者のあなたにも簡単に実践していただけると考えています。もしマニュアルを確認しても実践方法が理解できなかったり、実践したけど本当にやり方が正しいのか心配な場合、1年間のサポート(質問回数は無制限)がついています。お気軽にご相談ください。

 

【質問】いまの3倍以上のスピードで理解することはできるでしょうか?

はい、できます。3倍というのはあくまでもパステスト・プログラムをゼロからスタートするときの目安にすぎません。あなたがパステスト・プログラムの実践を続けると、3倍よりもはやいスピードで理解することはできます。まずは3倍のスピードで理解することにチャレンジしてください。

 

【質問】実践して初日から3倍速のスピードで理解できますか?

本文にも記載しましたとおり、3倍速はパステスト・プログラムを実践して慣れた際の数字です。パステスト・プログラムの実践経験にもよりますので、1.5倍速や2倍速の場合もあります。実践を重ねて、理解するスピードをはやくできるように慣れてください。

 

【質問】中嶋さんに直接会える機会はありますか?

はい、パステスト・プログラムに参加していただいた方にはどこかでお会いできる機会を用意することを考えております。また、その際には、パステスト・プログラムの監修者であります吉岡節夫氏も一緒にお会いできるように調整することも考えております。

 

【質問】参加費以上に必要なものはありますか?

参加費の他に必要なものは特にありません。受験勉強に必要な参考書代や受験予備校の受講料などは別途ご用意ください。

 

【質問】本業が忙しいのですが大丈夫でしょうか?

はい、こまぎれのスキマ時間を活用していただいても試験勉強はできますので、大丈夫です。むしろ、いまの社会人の方は、通勤時間などのスキマ時間を活用している人も多くいますし、そういった方におススメしたい方法です。ご安心いただければと思います。

 

【質問】はじめてどれくらいで勉強が効率的に進み出しますか?

最初はしっかり記憶することに慣れていないことがあるので時間がかかるかもしれませんが、はじめた初日から参考書のインプットをしっかり進めていくことは可能です。パステスト・プログラムの内容とコツをつかんでしまえば、あとはあなのペースでどんどん記憶できるようになりますので、ご安心ください。

 

【質問】他の速読法を学んだことのある人間でも大丈夫ですか?

もちろんです。私自身、いろいろな速読法や学習法、記憶法を学んできました。すでに他の速読法を学んだことがあるのでしたら、パステスト・プログラムをもっとスムーズにマスターできます。

 

追伸

ずいぶん長い手紙になってしまいました。

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 

率直に言って、パステスト・プログラムほど簡潔に、

 

試験に合格するためのインプットをどうするか、

試験に合格するためのアウトプットをどうするか、

 

を伝えるマニュアルはほかに探してもないと思います。

 

現代は、さまざまなな速読術や勉強法の本が書店で

あふれかえる時代です。

 

そういう時代だからこそ、速読や勉強法に自分の夢をみて、

スタートする人があふれかえっています。

 

同時に、速読や勉強法が自分に合わないと感じて

挫折するたくさんの人がいるのも事実です。

 

私も、すべての受験生を救うことはできません。

私が試験に合格するためにサポートしたり、アドバイスをできるのは、

あなたをはじめ、ご縁があった方だけです。

 

ここ10年くらいの間は、速読というと

「とにかく速く読む」という視点で語られがちでした。

 

ですが、試験に合格するための勉強のために速読を活用できる人は、

速読や勉強法の原理原則を知り、無茶をしない人です。

 

自分が理解しながら読めるギリギリのスピードを見極めて、

自分の理解度がどうかを判断できる人です。

 

パステスト・プログラムは、あなたが自分で勉強や読むスピードを判断し、

試験の勉強をスピーディーにできるように、

私の全てを詰め込みました。

 

パステスト・プログラムを実践しながら勉強をはじめた時にあなたが感じること、

その結果、試験に合格したときのあなたの感想を聞くのが楽しみです。

 

あなたもパステスト・プログラムに参加したあとは、

準備、インプット、アウトプットしながら確認していくだけで、

教科書の内容を覚えていきやすくなっているからです。

 

スポンジが水を吸いとる様子を思い描いてください。

あなたが教科書の内容をまさにそういう状態で吸収してくのです。

 

このパステスト・プログラムの内容を実践して覚えておけば、

そのスキルはあなたの財産になります。

 

もう、試験勉強が苦手とか、時間がないか覚えられないとか、

そういうことで頭を悩ませる必要はないんです。

 

ぜひ、このチャンスを逃さずにチャレンジして、

試験に合格して将来に向けて歩きだすよう、一緒に頑張りましょう。

追伸2

 

最後に本音を言うと、

いま世の中にあふれている速読法や勉強法、

さまざまな情報に振り回されてしまったがために、

本来の実力を出し切ることができない人が多いことに

寂しさを感じています。

 

夢を追って希望にあふれて試験に合格しようと勉強を始めたのに、

勉強を効率的にできるはずの速読法や勉強法の多さ、

または著者本人にしかできないような方法を教えているような、

悪質な業者も存在しています。

 

しかも、そういう業者の速読法や勉強法に受講生が群がり、

そしてマスターできずに挫折していく姿をみたり話を聞くと、

はっきりいって悔しいです。

 

自分にしかできもしない方法を誰もがみんなできるように話をし、

三流のセミナーを高額で売りつけている人もいると聞きます。

 

そんなセミナーに行かなくても大丈夫。

速読の方法なら私があなたにお伝えします。

 

このパステスト・プログラムのもとになった

ひらがな速読法を作りだした吉岡氏や

パステスト・プログラムの受講生だった仲間たちと話をよくします。

 

そのときによく出てくる話題が、

パステスト・プログラムを公開することで

こういう悪質な業者をどうにかできないかということです。

 

まずは、ご縁をいただいたあなたに

今日から勉強を新たにスタートしていただきたい、

そしてそのあなたの行動が速読の業界を健全な状態にする

第一歩になることを願っています。

お申込みはコチラ

 

 

 

Copyright (C) 2018 株式会社BRLM高速学習アカデミー  All Rights Reserved.

特定商取引法の表記